本文へスキップ

あんしん… ぼくにはぼくのお医者さん

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.097-546-2232

〒870-0818 大分市新春日町1-1-33

診療案内medical info

診療について

方針イメージ

病気の発見は1度の診察だけではわからないことがあります。似たような症状をもつ病気との区別を行うためにも検査は必要です。 注射を1回しただけで治ったり食欲がでてきたりとはいかないことも多々あります。何の病気であるかを見つけてそれの治療をしなければなりません。 検査を繰り返しながら、経過をみながら病気を判別していくこともあります。場合によっては投薬等で反応をみながらの診療になることもあります。 また、ひとつの病気ではない場合もあります。
診療には飼主様のご理解が必要であり、それゆえご納得のいく説明ができるように心がけております。

手術について

手術イメージ

安全に、正確に、きれいに、動物の負担は少なく、を考えております。
麻酔は吸入麻酔を使用し、気管チューブにて気道を確保、監視モニターとクリーンを保つための手術用空気清浄機、 保温パッドを設置しております。 超音波メス、レーザーメスを備えており止血や痛みの軽減、縫合糸の使用を少なくして時間を短縮を図っております。 また、縫合を細かくし皮膚をナイロン糸で縫合することで傷口の違和感を少なくすることで、エリザベスカラーや腹帯の装着による動物の負担軽減を考えております。 当院では手術後にエリザベスカラーや腹帯は使用しておりません。(手術によっては使う場合もあります。)

避妊・去勢手術について

  1. 予約

    お電話で結構です。
  2. 来院

    当日の朝食は抜いてください。
  3. 術前検査

    来院後に健康状態をチェックします。
  4. 手術

    全身麻酔で行います。
    雌は卵巣子宮、雄は睾丸を摘出いたします。
  5. 退院

    翌日退院です。
  6. 抜糸

    約10日後にご来院ください。

安全性を高めるために

術前に血液検査を実施
麻酔モニターと吸入麻酔を使用
体内の縫合糸の残留を少なくするために吸収性縫合糸と超音波メスを使用

費用

オス:\15000(税抜)メス:\29000(税抜)
オス:\21000(税抜)〜メス:\34000(税抜)〜

※犬は体重で料金が違います。事前にご確認ください。
※費用は全て込みの料金です。
※妊娠している場合は追加料金が発生します。


FAQ よくあるお問合せ

避妊(去勢)手術はいつから受けることができますか?

メスは最初の発情が始まる前(生後6ヶ月くらいまで)に行うのがベストです。そうすることで乳腺腫瘍の発生率がかなり下がります。 オスでは睾丸が出現してから行います。(生後4ヶ月以上)


予防接種はしなければいけませんか?

犬の狂犬病は接種することが法律にて決まっております。(生後91日以降)その他の予防背接種は任意となります。
しかし予防できる病気は治療が困難なため、予防することをお勧めいたします。予防できる病気は予防して、ペットの健康を守ってあげてください。


最初のワクチン接種はいつがいいですか?

犬の狂犬病は生後91日以降に接種します。
その他のワクチンは犬猫とも生後2ヶ月目と3ヶ月目に接種して、その後は年に1回追加接種を行います。


お薬だけの処方はできますか?

大変申し訳ございませんが、診察せずに薬だけを処方することはできません。
ノミ予防や虫下し等は体重がわかれば処方は可能です。



お支払いにカードは使えますか?

当院では各種クレジットカードがご使用できます。ご利用ください。
OC、JCB、VIZA/MASTER、三菱UFJ、アメリカンエクスプレス、DC、UC、SEAZON等ほとんどのカードが使えます。
※狂犬病のお支払いには使用できません。


夜間の診察は可能ですか?

2016年よりメールフォームからのご連絡に加えて、ナビ電話での受付をおこなっております。
 ※ナビガイダンスが不調の場合はメールでご連絡ください。


ARIGA animal hospital有賀動物病院

〒870-0818
大分市新春日町1-1-33
TEL 097-546-2232
FAX 097-546-2269